悪徳商法撃退77の秘密ハンドブック
悪徳商法なんてこわくない〜ひっかからないための極意と運悪くひっかかった時の対処法〜

デート商法 特定商取引法

デート商法と特定商取引法 【デート商法ガイド】

デート商法では電話による勧誘のときに商品を販売することを明確に告げていないため特定商取引法3条に違反します。

しかしこのようなことをデート商法で騙している業者に指摘しても販売員とデートして自分で納得して購入したとか複数回に契約していることなど上げて契約上問題はないと反論して契約の解除に応じない場合が多いそうです。

<参考>
特定商取引法 第3条
販売業者又は役務提供事業者は、訪問販売をしようとするときは、その勧誘に先立つて、その相手方に対し、販売業者又は役務提供事業者の氏名又は名称、売買契約又は役務提供契約の締結について勧誘をする目的である旨及び当該勧誘に係る商品若しくは権利又は役務の種類を明らかにしなければならない。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。